資産運用アドバイザリー業務

  • ミッション
  • 事業紹介

用途やスキルレベルに即した的確なアドバイスで投資判断をサポート

「投信評価」によって蓄積された情報と運用ノウハウを駆使し、プロフェッショナルの運用者から投資家まで、資産運用のお手伝いをするのが「資産運用アドバイザリー業務」です。

例えば、運用会社などのプロの投資家がファンドオブファンズ(FOF)を組成する際、組み入れるファンドやマネジャーの選定に関して助言するのもその業務のひとつです。また学校法人等、大口の資金を運用しているものの、十分な体制が整えられていない投資家に対しては、運用全般に関するコンサルティングを行っています。具体的には、運用方針の策定からアセットアロケーション、マネジャーの選定、リスクやパフォーマンスの管理、リバランスまで、総合的なアドバイスが可能です。

もっとも、ユーザーはプロフェッショナルからアマチュアまで多岐にわたるため、求められる情報の内容、難易度も千差万別です。そのため、当社ではそれぞれの用途やスキルレベルに応じ、的確な情報をお届けすることで投資判断をサポートしています。ユーザーによってはそもそも問題点がどこにあるのかを認識されていないケースも少なくありません。問題をお客様と一緒になって考え、ひとつひとつクリアしていき、潜在していたニーズを顕在化させることが重要であり、そうしたコミュニケーションも当社の大きな強みとなっています。

ガバナンス体制の構築

PLAN→DO→SEEサイクルが機能するガバナンス体制の構築を支援致します。

ガバナンス体制の構築

マネジャーストラクチャー提案

3,000本を超える公募・私募投信の中から定量・定性分析によりスクリーニング、お客様のニーズに則したポートフォリオを構築致します。

ガバナンス体制の構築

運用哲学

• 中長期投資
弊社のアセットアロケーション手法はSAA(ストラテジックアセットアロケーション)を採用しています。組入資産が持つ潜在的な成長性を重視して構築する手法で、一般的にリスク抑制的で安定的な運用手法と言われています。これに対する手法としてTAA(タクティカルアセットアロケーション)がありますが、こちらは短期的な相場見通しに基づいてアセットアロケーションを変更し収益の極大化を目指す手法で、一般的にハイリスクハイリターンと言われています。
情報網が整備され瞬時に情報が伝播するようになった昨今、弊社は短期的な相場見通しに基づいてポートフォリオを組み直しながら安定的な収益を計上することは難しい、という考えを持っています。

• マネジャーセレクション
定量分析、定性分析双方をバランス良く融合した総合的な判断でマネジャーを選択致します。
良好な運用実績を裏付ける要素はどこにあるか、という視点で直接面談しフロック(偶然)で良い成績を収めたマネジャーを排除致します。
特に重視するのは、運用責任者(運用体制)とガバナンスです。
収益の源泉は、詰まる所投資判断を担う「人材」に尽きる、という考えを持っています。その一方で、間違いを起こすのも人であるためです。その両輪がバランス良く機能することが重要であると考えます。

運用コンサルテーションで大切にしていること

• 情報の偏りを是正する
我が国の運用業界(運用会社、販売会社、投資家)には情報の偏りが存在し、業界発展の阻害要因になっていると考えます。運用は適切なリスクを取ることが何よりも重要であるにも係らず、リスクについて投資家の皆様に過不足なく伝えられているとは思えません。運用コンサルティング業務は、投資家の皆様がリスクの内容や水準を的確に把握し投資判断できるようにお手伝いすることでもあると考えます。

• 「With Client」~お客様とともに~
お客様と問題点を共有し、一緒になって最善の解決策を考えることを大切にしています。
御要望を十分に理解し、潜在化しているお客様のニーズを顕在化するまでコミュニケーションに時間を頂戴したいと思います。各々のお客様のニーズに合致した「オンリーワン」の運用を見つけ出すことが付加価値と考えます。

お問い合わせ

事業紹介
リスクおよび費用