投信評価業務/投資情報の提供

  • ミッション
  • 事業紹介
  • サービス

国内トップクラスの評価・分析体制で変化の激しい時代の案内役に

投信評価業務

「投信評価業務」は当社のビジネスの中核といえる業務であり、具体的には投資信託をさまざまな側面から調査・評価し、レイティングを付与しています。その担い手であるアナリストはいずれも豊富な経験を有し、質・量ともに国内トップクラスの体制です。

当社の評価の特徴は投資信託の過去のパフォーマンスに基づく「定量評価」に、運用方針やプロセス、運用体制などを調査する「定性評価」を加えた総合評価にあります。そのうち特に「定性評価」を重視していますが、変化の激しい現在の投資環境において、中長期投資の判断材料とするためには、「運用力」のベースとなる定性面(質的側面)に重きを置くべきだと考えるからです。そのため、運用会社へのアンケートはもちろん、ファンドマネジャーへのインタビューなども適宜行います。また、「運用力」という面だけでなく、リスク・コンプライアンス管理体制や企業基盤など幅広い観点で「信頼性」を評価し、レイティングしていることも大きな特徴です。

投資情報の提供

「投信評価」で得られた情報に基づく客観的なレポートを、確定拠出年金の運営管理機関や投資信託の販売会社などのお客様に提供します。これは主に新商品を採用する際に用いられるほか、採用後のモニタリングや商品ラインアップを見直すための判断材料としてもご活用いただいています。

具体的には、「MAB投信評価レポート」「モニタリングシート」「調査レポート」「投信マーケット概況」などがあり、お客様のニーズに応じてさまざまな形式の情報をご用意しています。

お問い合わせ

事業紹介